障がい者サッカーの連携と普及・発展に取り組む国際組織Para Football 財団との協⼒協定締結について

⼀般社団法⼈⽇本障がい者サッカー連盟(東京都⽂京区、会⻑:北澤豪/以下、JIFF)は、障がい者サッカーの国際的な連携と普及・発展に取り組むPara Football 財団(オランダ・アーネム、共同創設者:サム・ターナー/以下、パラフットボール財団)と2021年3⽉1⽇付で協⼒協定を締結しましたので、お知らせいたします。
パラフットボール財団は「Football for all persons with disabilities」を理念に掲げ、様々な種別の障がい者サッカーを統括する国際連盟、各国のサッカー協会および⼤陸競技連盟、障がい者スポーツ統括団体と連携し障がい者サッカーの国際的な普及・発展に取り組む組織であり、2020年12⽉3⽇に設⽴されました。
JIFFは「広くサッカーを通じて、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツの価値を享受し、⼀⼈ひとりの個性が尊重される活⼒ある共⽣社会の創造に貢献すること」を理念に掲げ、2016年4⽉1⽇に7つの障がい者サッカー競技団体*と共に設⽴され、公益財団法⼈⽇本サッカー協会(JFA)に加盟しています。7つの障がい者サッカー競技団体の組織基盤強化⽀援のほか、JFA、都道府県サッカー協会、Jリーグ、Jリーグクラブ、全国の障がい者サッカーチーム等と連携し、誰もがサッカーを楽しめる環境づくりに取り組んでいます。
両者は優れた事例やノウハウを共有し継続的に双⽅の活動を⽀援することで、それぞれの理念の実現と障がい者サッカーの国際的な連携と普及・発展に努めて参ります。*7 つの障がい者サッカー競技団体=特定⾮営利活動法⼈⽇本アンプティサッカー協会、⼀般社団法⼈⽇本CPサッカー協会、特定⾮営利活動法⼈⽇本ソーシャルフットボール協会、特定⾮営利活動法⼈⽇本知的障がい者サッカー連盟、⼀般社団法⼈⽇本電動⾞椅⼦サッカー協会、特定⾮営利活動法⼈⽇本ブラインドサッカー協会、⼀般社団法⼈⽇本ろう者サッカー協会

<パラフットボール財団 サム・ターナー氏のコメント>
私達は障がい者サッカーに関わる様々なステークホルダーと共に、全ての障がいのある⽅がサッカーをプレーし、選択できるよう取り組んでいます。⽇本のインクルージョンの取り組みは素晴らしく、JIFFは障がい者サッカーを着実に発展させるロールモデルであり、我々の組織へ協⼒いただけることをとても嬉しく思っています。

<JIFF 会⻑北澤豪のコメント>
私たちJIFF はサッカーを通じた共⽣社会の実現を⽬指して⽇々活動しています。パラフットボール財団との連携により、これまでJFAや7つの障がい者サッカー競技団体等と協⼒し取り組んできたことが⽇本国内にとどまらず、国際的な障がい者サッカーの普及・発展に繋がり貢献できることを嬉しく思います。

最新情報をチェックしよう!