【障害者雇用最先端の「在宅テレワーク」商品を販売開始。農園・サテライトオフィスに続く第3の障害者雇用「在宅テレワーク」として最速、最短で導入可能。最注目の東京での採用トレンド】

企業の社会的な責任という名のもと、またダイバシティーやワークシェアという理念のもと障害者雇用を熱心に取り組んでいる企業様は多いですが、一方で安定した雇用確保に苦慮している企業様も多く存在しております。
実際、首都圏での*職業準備性が高い障害者の人材不足は顕著です。

その課題解消に向けて障害者転職エージェントハッピーは、上質な「在宅テレワーク」商品の販売を開始。また雇用側だけではなく、「通勤」(出社)という就業スタイルにハードルが高かった障害者の方にとっての「在宅テレワーク」は新たな就労への道になります。

また新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)をはじめ経営環境の変化 (働き方の変化、水災害、猛暑、パンデミック等) がある中で、障害者雇用のみならず、オフィスへの出社中心の働き方から、「在宅テレワーク」「デジタル環境」への変化にも対応した商品になります。

*職業準備性:自己理解、社会性、心身の安定、就業意欲等の就労要素の総称。

私たち障害者転職エージェントハッピーは、この在宅テレワークの導入により、
一人でも多くの障害者が「働く」ことの「喜び」を感じてもらいます。

  •  障害者転職エージェントハッピーの「在宅テレワーク」の特徴(企業様向け)                                         

『企業側の雇用管理工数がない完全アウトソース型の在宅テレワークが特徴』
 

障害者転職エージェントハッピーは、短期間でムリのない障害者テレワークを支援致します。
その為に、これまであった3つの課題を解消。

まず課題のひとつであった「お仕事のご用意」です。

お仕事のご用意については、弊社で全て準備して、その労働対価についても企業様へお支払いをさせて頂きます。また短期間でのお仕事のご用意やシステム構築が可能なところも障害者転職エージェントハッピーの
「在宅ワーク」の特徴のひとつです。勿論、貴社の業務をご用意してもらい、障害者の方に従事して頂くことも可能です。(貴社の業務切り出しを実施させて頂く場合、別途料金を請求させて頂くことになります。)

ふたつ目は、パソコンのご用意とセキュリティ問題がございます。以前までは、コスト面やセキュリティ面もテレワーク実現へのハードルを上げておりましたが、提携システム会社からの専用端末の貸与及びサーバー利用をすることで、最先端な高いセキュリティレベルのもとで「在宅ワーク」が可能になります。

セキュリティ面については堅牢なクラウドシステムで安全を担保、そして貴社システム構築不要ということも大きな特徴になります。

三つ目は雇用管理です。企業様に変わり、弊社が提携しているシステム会社が雇用管理をフルサポート。実際、人事担当の方の雇用管理工数はございません。弊社が提携しているシステム会社が遠隔で運用管理支援を全面的に行います。オプションとして、将来的には体調管理システムをはじめ最先端のデジタルシステムを利用した雇用管理ノウハウを貴社へも移管出来ます。

 初期費用:1,000,000円 (税抜)/ 1名分
(内訳例:提携システム開発会社/ 40万円、人材紹介料/ 60万円)
月額費用:200,000円(税抜)/ 1名分
※全面フルサポート
 (採用・教育・業務管理・運用、体調管理、1on1、定着支援雇用者のスキル習得、業務対応領域変化・拡大対応)
※別途、従業員(障害者)への賃金が発生致します。

基本的には導入後、企業側の雇用管理工数はございませんが、貴社のお仕事の切り出しや貴社での雇用管理をすることも可能です。お手数ですが、詳細は障害者転職エージェントハッピーまで、お問い合わせ下さい。

 

  • 障害者転職エージェントハッピーの「在宅テレワーク」の特徴(障害者個人向け)

『働きたい意欲はあるが、在宅求人が少なくて困っていた障害者の方々へ朗報』
 

健常者でも心身の消耗が激しい電車での通勤を回避、職場での人間関係による緊張、ストレスの軽減、口頭での指示を聞き逃したりすることでのストレスの回避、ランチ会や飲み会を断ることが出来る(より業務へパフォーマンスを集中出来る)、周囲からの刺激がなく集中して自分のペースで仕事ができる、自宅なので心理的に落ち着いて仕事ができる、自宅なので自分の方法で気分転換が出来る、自分のペースでコツコツ業務が出来るなど、
在宅テレワークには想像以上のメリットを障害者の方へもたらします。

障害者転職エージェントハッピーの在宅テレワークには、通常業務以外にも最新の体調管理システム、雇用管理者との1on1(定期面談)等の人的なフォローアップも在宅で受けられるのが特徴です。

在宅テレワーク対象の障害者は、何らかしらの事情で通勤・出社が出来ない障害者の方、遠隔地にお住まいの方で身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の何れかを保持している方が対象となります。

 

  • 運営会社

在宅テレワーク・障害者雇用をお考えの企業様へ https://happyy.jp/contents/jinzai
企業ホームページ https://happyy.jp
English page https://happyy.jp/contents/for_corporation
お問い合わせ info@happyy.jp

名称 ハッピー株式会社
ブランド名(サイト名)障害者転職エージェントハッピー
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目4−14 青山タワープレイス8F
設立年月 2019年12月
事業内容 障害者専門の有料職業紹介事業
代表取締役 山口徳二
 

[代表略歴] 山口 徳二(やまぐち とくじ)
1979年7月11日生まれ。蟹座O型。
趣味はヨガ、散歩、温泉旅行。
神奈川県横浜市戸塚区出身。
米国ニューヨーク大学卒業。株式会社リクルートキャリア、パーソルチャレンジ株式会社で人材ビジネスに従事後、2019年に障害者転職エージェントハッピーを設立自身も大病の後遺症により身体障害者手帳(下肢障害)を現在保持。

[Profile] Name : Tokuji Yamaguchi.
Date of birth : July 11th,1979.
Hobby : Yoga, watching movie, Walking around the park and historical castle town in Japan.

Tokuji Yamaguchi was born in Yokohama Japan.
He graduated New York University and had worked several recruitment companies in Japan.

As an entrepreneur started own recruitment company for disabled people in 2019.
He is physical disabled himself by side effects of the big illness in 2009 and at the same time,
he felt necessary to develop the Japanese diversity and inclusion more practically.

On the condition, There is a Japanese labor law for disabled that corporation of more than a hundred employees must hire 2% and over the disabled who have a disability certificate, Otherwise The Japanese government gives monetary penalty to the corporation and It will have a negative impact on society.

Happy inc only introduce physical disabled people and mental illness people who would like to work as an office worker in Tokyo and will charge 30% of annual income, If replacement would be successful.

Unlimited free support and free consultation included for all clients both individuals and companies by using the service.

最新情報をチェックしよう!