飲食店を検索サイトで探すように支援内容、作業内容などを比較検討する検索サービス「障害者ドットコム」を提供します。

当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。
このプレスリリースは株式会社エースタイルのApril Dreamです。

介護・障害福祉事業などの運営を行う株式会社エースタイル(大阪市城東区、代表取締役:谷本 吉紹)は発達の遅れが気になる子供の保護者や成年の障害のある方が必ず自分に合った事業所に出会える検索サイト「障害者ドットコム」を提供します。

社会的背景

2016年12月に厚生労働省が実施した「生活のしづらさなどに関する調査」に基づき推計された障害者数は936.6万人(身体障害者436万人、知的障害者108.2万人、精神障害者392.4万人)、発達障害者は48.1万人と推計されています。国民のおよそ7.8%が何らかの障害を有していることになります。
近年、障害者数、発達障害者数及び国民全体に占める割合は増加傾向にあります。

障害福祉サービスならびに障害児サービスの利用についてみてみると、2015年1月に89.7万人であった利用者数が2019年1月には118.1万人へと増大しており、4年間で31.7%の増加となっています。特に障害児の利用が同期間で約2倍となっており、精神障害者の利用者の伸び率も大きくなっています。

現在、障害のある方を取り巻く環境は、依然として無関心や誤解、偏見による心のバリア、情報の収集や発信の手段が限られているなどの課題があります。

障害者ドットコム  https://shohgaisha.com/

「障害者ドットコム」とは
「障害者ドットコム」とは発達の遅れが気になる児童向け事業所から成年者向けの事業所までの全国41,000件以上の障害福祉サービス事業所検索サイトです。
事業所の基本的な情報だけではなく、各事業所が取り組んでいる療育支援方法やサービス、作業内容、運営者の想いを知ることが出来ます。

文字情報だけではなく写真も掲載され、事業所の特徴や雰囲気がイメージしやすくなっています。
また、事業所のホームページやSNS(Facebook、Twitter、Instagram)にもリンクが張られ、「本当に知りたい情報」「日頃のリアルな情報」をたくさん得ることが可能になります。
障害のある方が事業所の利用を検討する時に、たくさんの情報を得て比較することにより自分に向いているサービスや興味のあるものに取り組む事が可能になります。

 

 障害福祉サービス事業所の未来を考える
飲食店や美容室、老人ホームなど比較検討するための検索サイトは非常にたくさんあるのに、どうして障害福祉サービス事業所を検索するサイトはあまりないのでしょうか?
ホームページを持っていない事業所も数多くあります。
障害のある方はもっともっと障害福祉サービス事業所の情報が欲しいと思っているのではないでしょうか?

具体的にどういった支援やサービスを受けられるのだろうか?
具体的にどういった作業をするのだろうか?
どういったスタッフの方が働いているのだろう?
きっといろいろなことを知りたいはずです。

一つひとつの事業所には違った特色があり、様々な方針やプログラムで支援が提供されています。このサービスの運用に当たっては各事業所のスタッフの方に情報入力のご協力をいただくことが必要になりますが、各事業所が工夫していること、努力していることなどもっともっと情報を積極的に発信していただければ障害福祉の未来は変わるのではないでしょうか?
工夫や努力、魅力的な支援内容など情報発信することが利用者から選ばれる事業所に繋がっていき、障害福祉業界全体の向上につながっていくと私たちは考えています。

現時点では障害福祉業界は情報発信にあまり積極的ではないように感じますが、私たちが新しいサービスを創ることで世の中がどんどん変わっていき「いつか必ず世の中から求められるサービスになる」「ネットで障害福祉サービス事業所を調べるのがあたりまえになる」という信念をもって、今後も障害福祉サービス事業所検索サイト「障害者ドットコム」を運営してまいります。

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢を発信いただくPR TIMESによるプロジェクトです。

株式会社エースタイルについて
現在、弊社では放課後等デイサービス、老人ホームの運営をしています。また、介護・福祉業界をもっと明るく変えていきたいという想いでラジオ番組の提供も行っています。

最新情報をチェックしよう!