出前館とJFD、小・中・高校生の臨時休校に伴い、児童養護施設・子ども食堂・学童保育施設に食事を無償提供

日本最大級のデリバリーサービス「出前館」(運営:株式会社出前館、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中村 利江、以下出前館)と、出前館のグループ会社である、日本フードデリバリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 聡、以下日本フードデリバリー)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした公立小中高の臨時休校要請に伴い、児童養護施設や子ども食堂・学童保育施設に対し、各地域の飲食店の食事を提供します。受付窓口は、これまで児童養護施設などの支援に取り組んできた、公益社団法人全国環境対策機構(以下「JEO」)が担い、商品の提供は、出前館と日本フードデリバリーが支援します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした公立小中高の臨時休校要請により、学校での給食が無くなり、児童養護施設や子ども食堂などでの食事手配が増えていることが判明してきました。出前館と日本フードデリバリーが食事面を支援することで、各施設で働く方の食事に対する負担を軽減すると同時に、子どもたちや子どもたちに関わる方の臨時休校中の不安を少しでも払拭できればと考えております。

【実施概要】

 
●内容
児童養護施設や子ども食堂、学童保育施設に各地域の飲食店の食事を3,000食提供
●お届け期間
2020年3月5日(水)~3月15日(日)
●対象
児童養護施設、子ども食堂、学童保育施設(運営実績が確認できる施設)
●受付窓口
公益社団法人全国環境対策機構
●申し込みページ詳細
https://www.jeo.or.jp/ (最新情報/活動・ニュース欄をご覧ください)
●注意事項
・受付は、3月12日(木)までです。
(3,000食に達した場合、追加での提供は柔軟に対応を変更していきます。)
・お申し込み後3日以内にお申込内容を基に配達の可否をご連絡します。
・お届けが決まった施設の担当者さまと具体的なお届け時間等を打合せさせていただきます。

「出前館」とは
 「出前館」は自宅やオフィスで食事をする際にスマートフォンやPCから料理を注文できる便利な日本最大級のデリバリーサービスです。サイトに訪れるユーザーは、弁当・中華・カレー・ハンバーガー・洋食・和食・エスニック・ピザ・寿司・デザート・酒・ネットスーパーなど、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや “現時点でのお届けまでの待ち時間”等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、注文してからお届けまで最短20分を実現しています。( https://demae-can.com/ )

「くるめし弁当」とは
​ 法人・団体向けのお弁当ポータルサイトです(https://www.kurumesi-bentou.com/)。ロケや会議、イベント等のシーンでご利用いただくことが多く、年間600万個以上のお弁当を「くるめし弁当」で販売しています。初期費用0円でサイトにお弁当を掲載でき、飲食店や企業に新たな販路を提供しております。現在は加盟店500店舗、11,000種類以上のお弁当が掲載されています。お弁当開発が初めてでもご安心頂けるよう、商品開発から配送に至るまで日本フードデリバリーがサポートします。

最新情報をチェックしよう!