【船井総合研究所】経営者・人事責任者向け『障がい者雇用成功事例公開セミナー』をWeb配信にて開催

中堅・中小企業の総合経営コンサルティング会社、株式会社船井総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:真貝 大介)は、企業の障がい者雇用に関するセミナーを開催します。
 
現在の日本では、政府の方針に沿って法定雇用率を満たすことが必須となっており、これが遵守できない場合、納付金や企業名公開といったペナルティが発生します。しかし、企業では障がい者に任せる業務の調整や、マネジメントに不安を感じる方が多いのも事実です。そこで今回のセミナーでは、障がい者を雇用し戦力化を成し遂げ、黒字経営を実践している事例をもとに、障がい者の採用、定着、業務確保、業務生産性アップ等のポイントをご紹介します。
 
セミナー詳細・お申し込みはこちらから
⇒ https://www.funaisoken.co.jp/seminar/058417
 

 
障がい者の法定雇用率が上昇し、人手不足も加わって、採用に積極的な企業が増えています。船井総合研究所では、障がい者が活躍できる社会づくりに貢献したいという思いから、企業の障がい者雇用コンサルティングを推進しております。

障がい者雇用が以前よりも進んできたとはいえ、現在の企業全体の実雇用率は法定雇用率2.2%を下回っており、達成している企業数の割合は48%程度です(※)。法定雇用率は今後さらに上昇すると予測されます。
一方メリットとして、雇用率を達成する企業への「調整金支給」や、多数雇用する中小企業への「報奨金支給」の制度が挙げられます。また、障がい者雇用をサポートする制度として「特定求職者雇用開発助成金給付」の制度もあります。
しかし、どのように準備をし、どう進めればよいのか悩む企業も多いようです。多くの企業では障がい者雇用を進めるうえで大きな課題があり、採用方法、作業内容、手順の改善、物理的な環境整備等の受け入れ態勢、現場職員の理解などが課題として挙げられます。これらをどう解決していくのかを真剣に検討していく必要があります。

そこで、「障がい者の採用・活用・定着で上手く進めている事例と法則」というテーマで、2020年4月7日(火)と4月21日(火)にWebセミナーを開催いたします。
今回は、楽天ソシオビジネス株式会社 代表取締役社長 川島薫氏と、株式会社クラウドワークス 経営企画室 地方創生・ワーカーエクスペリエンスチーム 田中健士郎氏を特別ゲストにお迎えし、それぞれの取り組みをご紹介いたします。特に、楽天ソシオビジネスは特例子会社としては数少ない収支黒字化を果たし、その際立った取り組みから多数のマスメディアでも注目されています。

当日お伝えする内容は、

・障害者の採用でおさえるべきポイント
・精神・知的障害者が活躍するために必要なこと
・業務の切り出し・獲得のポイントとは
・社内幹部・各部署の理解を促進するには
・障害者の就労定着のために必要なこととは

など、いずれも雇用をスムーズに進めるうえで外せないポイントとなっています。

<セミナー概要>
障がい者雇用成功事例公開セミナー

【開催日時】
2020年4月7日(火)13:30-16:30
2020年4月21日(火)13:30-16:30
※ともに同じ内容で、どちらかにご参加いただけます。
【セミナ―参加方法】
お申込み後、弊社より当日視聴用のURLをお送りいたします。
お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレットなどでURLをクリックいただければセミナー視聴が可能です。
【セミナー料金】
11,000円(一名様/税込)
【セミナー詳細・お申し込みはこちら】
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/058417

 
 
(※)数値データ出典
厚生労働省「障害者雇用状況」集計結果」(令和元年12月)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08594.html
最新情報をチェックしよう!