【マスク配布・売上寄付】障害者支援施設を含む福祉の現場へ

株式会社スペシフィック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:森木 恭平、以下スペシフィック)は、「#福祉現場にもマスクを」というメッセージを掲げ、新型コロナウイルスによる福祉現場のマスク不足解消のために寄付を募り、福祉現場にマスクを届けるプロジェクトのサポーターメンバーとなったことをお知らせします。

新型コロナウイルスの影響により、「マスクが足りない」という声が日本中から上がっています。そんな中、障害者支援施設を含む福祉の現場にもマスクが足りていません。福祉の現場では、濃厚接触が避けられない場面が多くあります。

スペシフィックでは、障害者の方向け就職・就労支援サービス エラビバを展開していることから、障害者施設を含む福祉現場へマスクを届けているプロジェクトの考えに賛同し、「#福祉現場にもマスクを」サポーターメンバーとして、まずはマスク1万枚を提供させていただきました。
また、今後に関してもスペシフィックの売り上げの一部を「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトを通じて寄付をし、障害者の方を含む福祉現場への支援サポートを行うために、微力ながら貢献できればと考えています。

【「#福祉現場にもマスクを」について】

 
一枚でも多く、一カ所でも多い福祉現場にマスクを届けるために。一般社団法人 Get in touch(代表 東ちづる)、一般社団法人 障害攻略課(理事 澤田智洋)、NPO 法人 D-SHiPS32(代表 上原大祐)、 株式会社ヘラルボニー(代表取締役社長 松田崇弥/代表取締役副社長 松田文登がひとつになり、「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトが立ち上がりました。
 今、「マスクが足りない」という声は日本中から聞こえてきています。 「医療現場で足りない」「保育園で足りない」。 けれども、障害児・者福祉の現場にもマスクが不足していることは、まだまだ、あまり知られていません。 福祉の現場では、さまざまな理由から、濃厚接触が避けられず、感染リスクが高い環境の中で、不安な業務をおこなわざるをえない人たちがいます。たとえば、身体障害がある人の食事や歯磨きなどの介助。 どんなに感染リスクが高くても、障害がある人が日常生活を送るためには、必要な仕事です。 

また、知的にハンディキャップがある人の中には、何でも口に入れてしまう人や、唾を吐くクセがやめられない人も います。パニックを起こしたり、自傷があったり……。 危険な行為をする人たちを止めなければならないことも日常茶飯事です。 にもかかわらず、福祉の現場で話を聞くと、「マスクがないけれど、がまんしている」という声がありました。 がまんをしてしまう福祉の現場。 危険をかえりみず、不安な中、障害のある人たちのあたりまえの生活を支えようとする人たち。 美徳ともいえます。ただ、それでは、状況は好転しようがありません。 

福祉現場の窮状を知ってもらうために、声を上げる活動が必要と思い、「#福祉現場にもマスクを」という、ド直球な プロジェクトを立ち上げることになりました。 寄付を募り、マスクを集め、必要としている福祉現場に届けます。 マスクが必要な現場に届くことも重要ですが、「あらゆる人々が幸福に生きる権利を守る」=福祉という大切な役割 が、社会にあることを知ってもらえる機会になることを願っています。 ※特設サイトより抜粋

 
特設サイト : https://fukushimask.com/
 

【エラビバの特徴】
障害者向け総合求人サイト
就労移行支援情報、ハローワークの求人、人材紹介会社の求人の情報をまとめて見ることができます。

スマートフォン一つで、自分にあった仕事探しを可能に
いくつものサイトに登録する必要がなくなり、また、出向かなければ見られなかった求人情報が、家にいながら見ることができます。

Web無料カウンセリングで、障害に応じた就職活動の情報を提供
個々の障害に応じた就職活動の情報を提供することにより、障害を持つ方のより良い就職活動のサポートをします。

エラビバでは、障害者のインフラサービスを目指し、働きたい障害者と企業の双方にとってより良いプラットホームを構築してまいります。

<会社概要>
会社名      株式会社スペシフィック
代表者      代表取締役社長 森木 恭平
設 立      2016年4月
資本金  2000万円
所在地      東京都渋谷区東3丁目21-1 スペシフィックビル
会社HP     https://specific.co.jp/
サービス   障害者総合求人サイト「エラビバ」を運営

最新情報をチェックしよう!