発達障害・グレーゾーンの小学生ママ必見!学校へのお願いの仕方の極意【サポートレター付電子書籍発表】

子どもの発達リサーチ機関「パステル総研」を運営する株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区、代表取締役:吉野加容子)は、学校の先生との連携をサポートする、発達障害・グレーゾーンの小学生ママ必見!学校へのお願いの仕方の極意【サポートレター付電子書籍】を発表しました。こちらからダウンロードできます。https://desc-lab.com/41838/?prt0707

■学校へのお願いの仕方の極意【サポートレター付電子書籍】作成の背景 

我が子の対応について学校へのお願いは、きちんとしてありますか?

発達障害・グレーゾーンの子どもが、学校生活をスムーズに送るためには、担任の先生との連携が欠かせませんよね。しかし、どう伝えたらいいかわからない、どこまでお願いしていいか、面倒くさい保護者と思われるのではないか…など迷いますよね。そこで学校の先生へのお願いの仕方のポイントをまとめた電子書籍を作成しました。

そして、巻末には先生側のご意見も伺い、サポートブックではなく、サポートレターを作成しました。
この電子書籍を読み、サポートレターを作成し、面談など、先生と連携を取るきっかけづくりとしてご活用ください。
ダウンロードはこちらから>>> https://desc-lab.com/41838/?prt0707

■パステル総研とは? https://desc-lab.com/pastel/
子どもの発達に関するグレーゾーンの悩みごとを、大人に持ち越さないことを目指すリサーチ機関です。発達障害やグレーゾーンの正しい理解と対応を伝える事で、子どもたちが生きやすい時代を作るきっかけづくりをしています。パステルのお子さんを抱えるママの声をデータ化して、リサーチ結果を配信したり、ママが楽しく子育てできる情報を発信します。ママが困った時はいつでも、頼れるアイデアが湧き出てくる「4次元ポケット」になりたい!という想いで、日々のリサーチと情報発信を行っております。

1日1分! ゼロから学べる 発達障害&グレーゾーンの対応メール講座
https://desc-lab.com/maillesson/?prt0707
 

■パステル総研 代表 吉野加容子 プロフィール
発達科学コミュニケーショントレーナー。学術博士、臨床発達心理士。慶應義塾大学大学院(博士課程)修了。脳科学をベースにした発達障害の発達支援が専門。大学院卒業後、企業の脳科学研究や、医療機関での発達支援に従事したのち、脳科学、教育学、心理学のメソッドを合わせた独自の発達支援プログラム「発達科学コミュニケーション」で子どもの発達を加速する「発達科学ラボ」を設立し独立。
 

 書籍紹介  https://desc-lab.com/media/?prt0707
「発達障害とグレーゾーン子どもの未来を変えるお母さんの教室」青春出版社
「脳を育てる親の話し方」青春出版社
「脳が喜ぶ子育て」世界文化社 

最新情報をチェックしよう!