障がいの有無を問わず楽しめる!車いすスポーツの定期運動クラス開始のお知らせ

一般社団法人センターポール(東京都中央区 代表理事 田中時宗)は車いすスポーツの定期運動クラスCPアダプティブスポーツクラスを開設いたしました。
 
こちらの定期運動クラスでは障がいの有無に関わらず子供から大人まで一緒に車いすスポーツをお楽しみいただけます。

車いすスポーツ定期運動クラス CPアダプティブスポーツクラス 開校のお知らせ

一般社団法人センターポール(東京都中央区 代表理事 田中時宗)は車いすスポーツの定期運動クラス”CPアダプティブクラス”を開設いたしました。
こちらの定期運動クラスでは障がいの有無に関わらず子供から大人まで一緒にスポーツをお楽しみいただけます。

プログラムは、初めて競技用の車いすに乗る人、スポーツの経験が浅い人、苦手意識がある人も楽しく行える内容を織り交ぜ、車いすバスケットボールや車いすラグビーなどの認知度が高いパラスポーツだけではなく、今後はマットの上で体を動かすブラジリアン柔術や車いすソフトボール、スポーツ以外の文化活動も計画しています。

また、センターポールには現役のパラアスリートが在籍しており、ゲスト回では選手から直接指導の機会も提供します。 

■CPアダプティブスポーツクラス開始の背景
障がいスポーツを取り巻く環境は、用具や場所、指導者の問題などスポーツ参加へのハードルが高いのが実情です。
障がいの有無に関わらずスポーツが楽しむことが出来る権利を守る為と子供の成長過程においても、発育発達段階に合わせたプログラムや学生プログラムなどのジュニア世代のスポーツ環境の整備が必要となっています。

センターポールでは、障がいを持つ当事者だけのコミュニティではなく健常者も交わって参加することができる、継続性のあるスポーツコミュニティの場とし提供を開始いたしました。

■オンラインを活用した定期運動プログラム運営

クラスで行ったトレーニングは都度動画にてアップロードしています。クラスに参加された方の振り返り動画としての活用やクラスに参加できなかった場合もその週に行ったレッスン内容を視聴できる様、毎週配信しております。

■クラスに込めた願い

CPアダプティブスポーツクラスを通じて、プログラムで出会う仲間とコミュニティの中でルール(規則)を守り、スポーツで競い合い、高め合うことで他者を認め、様々な考えがあることを知り、仲間を作る場所として寄与することを願っています。

様々な人との関りを持つことで多様性に富んだ考えやスポーツをきっかけにした社会進出のステップとしてきっかけを提供できるようクラス運営を行っております。

 ■クラス参加に関して
現在は毎週、東京都内で車いすスポーツを行っており、子供から大人まで幅広い世代の方にご参加いただいております。障がい者手帳をお持ちではない方も、ご参加可能となっておりますので障がいの有無に関わらずスポーツをお楽しみいただいております。(スポーツ用の車いすはセンターポールがお貸出しいたします。)

クラス参加に関してはセンターポールウェブサイトからの事前申し込み制となっております。
ーCPアダプティブスポーツクラス 

https://www.centerpole.work/sportsclass

2020年 CPアダプティブスポーツクラスにはトップパートナーとして中外製薬株式会社からクラス運営をサポートいただいております。

センターポールではスポーツを通じての共生社会の実現に向けて、企業や団体と連携して取り組んでおります。

■一般社団法人センターポールについて
私たちセンターポールは“障がい者スポーツを通じて障害の理解を広げ、深める”ことをミッションに掲げ活動を行っている団体です。
障がいを持つアスリートの活動支援、そして多くの方に障がい者スポーツに体験いただける障がい者スポーツの学校訪問授業や障がい者スポーツイベントの運営、障がい者アスリートの講演会を行っております。

【法人概要】
一般社団法人センターポール 
東京都中央区新富1-15-4 アルファ新富ビル3階
ウェブページ http://www.centerpole.work
代表理事 田中時宗

最新情報をチェックしよう!