何となくつらい…吐き気・めまい・不眠などを感じたら「春の名もなき不調」予備軍かも?漢方薬剤師監修「春の名もなき不調」セルフチェックリストを本日より公開

わたし漢方株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸山 優菜)が運営する、薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』は、これからの季節に起こりがちな「春の名もなき不調」についてLINE相談を受付開始いたしました。同時に、漢方薬剤師監修のセルフチェックリストも公開しております。

「春の名もなき不調」詳細ページ
https://www.watashikampo.com/b/2020spring/

 
■「春の名もなき不調」予備軍になっていませんか?
春になると、暖かくやわらかい陽気に包まれて気持ちが高まる方も多いと思います。一方で、なぜか春になると調子を崩してしまうという声もよく耳にします。食欲や気力がわかない、不眠気味、吐き気やめまいがするなど・・ひとつでも当てはまった方は「春の名もなき不調」予備軍かも?病院にいくほどではないけれど、春になると毎年なんとなく辛い・・・そんな不調が起こってしまう理由と予防方法を漢方薬剤師が解説いたします。

■1年のなかでも春は自律神経のバランスが崩れやすい
自律神経のお悩みは、様々な要因が関係しますが、まず、春は、入学、就職、転勤など、生活の上での環境の変化が大きい時期であることが挙げられます。新しい人間関係や生活リズムの変化などがストレスとなりやすいと言えます。また、気温や気圧の変化などの季節的な要因も挙げられます。
 

■漢方理論上は、「陰」から「陽」へ
漢方の考え方では、「陰陽五行説」と言われる考え方があります。冬の寒い季節が終わり、植物や動物たちも目覚めて成長を始める春は、「陰」から「陽」に変わる時期であるとも言われています。「陽」が盛んになり、様々なものが動き始める時期は、人間の体も活発になり、血流も盛んになるため、「肝」の働きも活発になります。「肝」は、西洋医学で言われる肝臓の働きだけでなく、血流、栄養の貯蔵、代謝や解毒、目や筋肉の働き、自律神経などにも関係してきます。春は「肝」が高ぶりやすいと言われることもありますが、ストレスをうまく発散できず、「肝」のバランスが崩れると、「気」の巡りが悪くなり、イライラ、めまい、頭痛、目の充血などの症状が出やすくなってしまうのです。

■「春の名もなき不調」は無視できない?
「ストレスで胃が痛い」という言葉を聞いたことがあると思います。五行説では、「肝」の働きに問題があると、「心」の働きを助けることができなくなったり、「脾」の働きを抑制してしまったりすると考えられています。
ストレスで負担がかかり自律神経のバランスが崩れた状態を放置してしまうと、「肝」に関係する症状だけでなく、「心」に関係する 動悸や息切れ、不眠、不整脈、汗の異常などの症状や「脾」に関係する 食欲不振、胃痛や下痢などの消化器症状、思い悩む、だるさなどの症状も関連して出やすくなってしまいます。症状が慢性化するほど、体のバランスを立て直すためにはお時間がかかってしまうので、早めの対策や予防を大切にしましょう。
 

■どうすれば予防できるの?
「気」の巡りを良くするためには、神経の高ぶりを抑え、緊張をほぐし、リラックスの時間を持つことがとても重要です。アロマでいい香りを嗅ぐ、ぬるめのお風呂にゆったりつかる、ゆっくりとした運動、散歩、早寝早起き、パソコンやスマートフォンの使用を減らすなど、ストレスをため込まず、使いすぎた神経を休めることを意識しましょう。とはいえ、忙しない日々を送っているとなかなか意識できないことも。そんな時はぜひ、『わたし漢方』の漢方薬剤師にLINE相談してみてくださいね。 

■『わたし漢方』概要

『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービスです。カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。初回の問診はすべて無料。体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。漢方は貴重な天然資源からできているため、漢方薬局で購入すると2~6万/月ほどかかってしまうことがありますが、LINEでの相談に特化したことでどの処方も定額の1万円代でより継続しやすくしました。また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。

『わたし漢方』創業者・薬剤師 水沼 未雅(みずぬま みか)より
<プロフィール>京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。

『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、様々な治療を受けましたが完治することはありませんでした。友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。

(参考)『わたし漢方』公式ページ https://www.watashikampo.com/
(参考)『わたし漢方』instagram https://www.instagram.com/watashikampo/

最新情報をチェックしよう!