「なぜこんな行動をとるのか分からない」 発達障害の特徴を解説し、診断と対策のための知恵を伝える。『発達障害支援のためのケースBOOK』2020年5月8日発売!

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『発達障害支援のためのケースBOOK』(ヴィヒャルト 千佳こ 著)を2020年5月8日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――

日本人の約50万人が発達障害?!
特別ではない、どこにでもある身近な問題・発達障害

発達障害に対する世間の認知は急速に進んでいます。そのようななかで私たちも「この人はもしかすると発達障害なのではないか?」と感じることも多くなっています。とはいえ、発達障害を持った人と実際にどのように接していけば良いのかという具体的な取り組みはまだまだこれからです。相手が発達障害だと分かったとしても、それだけでは問題の解決にはなりません。その障害の種類により、対応の仕方は異なるからです。
本書では、一緒に働く、暮らす相手がどのような障害を持っているのかを見極め、その障害に対してどのように接していけば良いのかを、職場、家族、学校を舞台としたケーススタディによって解説します。約50万もの人が、多かれ少なかれなんらかの発達障害を抱えているともいわれています。つまり、あなたの周囲に何人かの発達障害の人がいたとしても、なんら不思議はないのです。あなたが今抱えている人間関係のトラブルは、もしかすると相手の発達障害に関係しているのかもしれません。実は発達障害というのは、特別ではない、どこにでもある身近な問題なのです。

【書籍情報】
書 名:『発達障害支援のためのケースBOOK』
著 者:ヴィヒャルト 千佳こ(ヴぃひゃると ちかこ)
発売日:2020年5月8日
定 価:800円(税抜)
体 裁:新書版・並製/258ページ
ISBN :978-4-344-92768-1

【目次】
はじめに
第1章 あなたも私も発達障害?!
第2章 職場・家庭・学校……現場で何が起こっているのか?発達障害を知り尽くすための9のケース
第3章 周囲の困惑している人々へ 発達障害を正しく理解しよう

【著者:ヴィヒャルト 千佳こ】
1954年兵庫県生まれ。
病院、クリニック、教育現場で40年以上心理臨床を経験。1995年より文部省委託スクールカウンセラーとして活躍しており、保育園、幼稚園、学童保育への心理相談を行っている。2006年からは公立学校スクールカウンセラー、1997年からは私立高校スクールカウンセラーとして活躍。神奈川県不登校訪問相談員スーパーバイザー、横浜市スクールスーパーバイザー、茅ヶ崎市適応指導教室スーパーバイザーを歴任。
著書に『ヴィヒャルト千佳こ先生と「発達障害」のある子どもたち 事例から学ぶその実際と理解・支援の手引き』(柘植書房新社、2017年)がある。

最新情報をチェックしよう!