社会福祉施設・事業所における風評被害の実態

新型コロナウイルスの感染拡大、長期化により介護、保育などの福祉現場が崩壊する懸念が高まり、現場の従事者も疲弊しています。これまでも介護・福祉従事者に対して温かいエールをいただいてきましたが、一部の地域では不確定な情報や詮索などにより、風評被害につながるような行動が発生しています。福祉従事者のみならず、そこで生活する利用者の方々への誹謗・中傷も散見され、ご家族ともども何より心を痛めています。
 
本会が実施した緊急調査(調査期間:5月1日~11日)では、下記のような風評被害が発生していることが判明しました。

<実際に発生した風評被害の内容>※一部抜粋・整理
【誹謗・中傷】

  • 感染が発生した施設・事業所に対し、地域住民等から「何をやっているんだ」、「地域をめちゃくちゃにされた」、「感染者はどこの病院に行ったのか」といった声が寄せられた。
  • 感染が発生した施設・事業所に対して、夜勤帯に嫌がらせの無言電話があった。
  • 職員が家族から「感染リスクが高いので仕事を辞めろ」と言われた。

【不正確な情報に基づくもの】

  • 通所介護事業所の職員の家族が濃厚接触者の疑いがあると判定されたため、検査を実施した結果、当該職員は陰性であったが、「同事業所から感染者が出たらしい」とうわさになり、利用人数が大きく減少した。
  • 感染が発生した施設の隣地にある特別養護老人ホームや保育所に対して、施設・事業所を開けていていいのか、そこにも感染者がいるのではないのか、感染が飛び火しているのではないか、といった不正確な情報に基づく問い合わせが殺到し、その対応に追われた。
  • 感染者が出た時に「どこの法人から感染者が出たのか」と探され、うわさに上る。
  • 自施設・事業所と同じ地域に所在する他の施設・事業所でPCR検査を実施した施設があったが、自法人の施設で感染が発生したのでないか、といった問い合わせが外部から寄せられた。

【その他】

  • 感染が発生した施設において、委託業者に業務を断れてしまった。職員の多くが濃厚接触者に該当し自宅等で待機するなか、少ない職員の体制でさまざまな業務に対応せざるを得なかった。
  • 障がい者の通所施設に対し、近隣住民から「緊急事態宣言が出されたにも関わらず、なぜ受け入れを中止しないのか」との苦情があった。
  • 通常どおり運営していた認定こども園に対し、在宅勤務中の近隣住民から、「うるさい」との苦情があった。

●国民のみなさまへ
社会福祉施設・事業所は、高齢者、障がい者など特に支援が必要な方々の居住や支援に関わる第一人者として、利用者の方々やその家族等の生活を守り抜くためにサービス提供を継続しています。

慢性的な人手不足が続くなか、「利用者の生活を維持するためのサービスの継続」と「感染拡大リスクを低減させるための感染防止策の徹底」を両立させるために、日々、全国各地の現場で試行錯誤を重ねています。

福祉サービスの目的は、日常生活を営むことが困難な方を支援することにあります。つまり、私たちが提供する福祉とは「日常生活そのもの」です。サービスの提供が失われてしまえば、その地域で支援を必要としている子どもたち、障がいのある方、高齢者等の日常生活が失われてしまいかねません。その影響は、ご本人のみならず、ご家族、地域の生活、経済にまで及びます。

「医療崩壊」の危機についてさまざまな場面で取り上げられ、医療従事者への謝意を表する行動が社会全体でのムーブメントとなり、また、国や自治体によるさまざまの対策がとられています。
 医療従事者の生活を守り、「医療崩壊」の防波堤になるためにも、「介護崩壊」、そして「福祉崩壊」を防ぐことが重要であり、さまざまなひとの日常生活を維持するために全力で戦っている福祉従事者を守るためには、みなさまのお力添えが必要です。

どうぞ、こうした困難な状況のなかでも、人々の日常を支え続けるために、最前線で活躍する社会福祉従事者へのご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!