ホットリンク、職場におけるLGBTに関する取組評価指標「PRIDE指標2020」最高レベルの「ゴールド」を受賞

「ソーシャルメディアマーケティングにスタンダードを創る」をビジョンに、SNSマーケティング支援サービスを提供する株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役グループCEO:内山幸樹、以下ホットリンク)は、2020年11月11日、任意団体「work with Pride※1」が策定する、職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下 LGBT)への取組評価指標である「PRIDE指標2020」において、最高レベルの「ゴールド」を受賞したことをお知らせします。ゴールドの受賞は2019年から2年連続となります。

【PRIDE指標について】 
PRIDE指標は、日本で初となるLGBTに対する企業などの取り組みの評価指標です。2016年6月に、任意団体「work with Pride※1」が、企業・団体等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現することを目指し策定しました。PRIDEの各文字に合わせ、【Policy (行動宣言)】【Representation (当事者コミュニティ)】【Inspiration (啓発活動)】【Development (人事制度・プログラム)】【Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)】の5要素を指標化し、各企業を評価するものです。

【LGBTに関するホットリンクの主な取り組み】 
ホットリンクグループではダイバーシティ推進方針を掲げ、性別・年齢・国籍・人種・宗教・障がいの有無・性自認及び性的指向等にかかわらず、メンバー一人ひとりの個性を多様性として活かし、全メンバーが最大限の力を発揮できるよう環境の整備を進めております。LGBT従業員にとっても働きやすい職場環境を実現するために、社内でのセクシャルマイノリティへの理解を促すとともに、下記のような取り組みを実施しています。

1. 事実婚関係にある従業員の同性パートナーに慶弔休暇・慶弔見舞金を適用とする一部制度の改定
2. ホットリンクアライ(Ally※2)オリジナルロゴマーク作成、配布
3. 社内研修、講師を招いた講演会の実施や、社内イントラネットで理解促進を目的とした啓発活動
4. 社内・社外相談窓口の設置
5. 当事者への理解促進を目的としたLGBTフェスタへのオンライン参加や、社員有志らによるTwitter発信
6. 新経済連盟のLGBT等性的マイノリティが生きやすい環境を創るための『SOGIエンパワーメントチーム』のプロジェクトリーダーにホットリンク代表内山が就任、セミナーを主催するなど理解促進のための活動推進
7. 性自認に関わる通称を社内呼称とすることを認める
8. 採用面接マニュアルにおいてLGBTへの配慮を記載
9. 一般社団法人Famieeのファウンディングスポンサーとして活動を支援。ホットリンク代表内山を中心に、様々な業界への働きかけ・推進活動(メディアへの発信や講演活動)を実施※3 

今後もホットリンクでは、一人ひとりが、自分らしく力を発揮し、夢や目標に向かって積極的に挑戦する、いきいきとした企業グループであり続けるために、社内に関わらず、性別、年齢、障がいの有無、雇用形態、国籍、性的指向、性自認等に関係なく、すべての人が活躍できる社会の実現を積極的に支援します。

※1 work with Prideについては、こちらをご参照ください。
※2 「アライ」とは、LGBTを含むセクシュアルマイノリティーを理解しようとする姿勢を持ち、自分にできることを考えて行動する、LGBT 支援者のこと。語源は英語の「Ally」(同盟、盟友)
※3 Famieeは、『現在の法律上では夫婦・親子と認められない世界中の夫婦・親子が、家族としての当たり前の権利やサービスを受けられない』という課題に対し、地方自治体が発行するパートナーシップ証明書に相当する証明書を、ブロックチェーン技術を使って民間で発行し、多様な家族形態が当たり前のように認められる社会の実現を目指す団体です。ホットリンク代表内山が中心となり発足し、有志の社員メンバーもプロジェクトに参加しています。また、ホットリンクからも活動資金を提供するとともに、その活動を人的に支援します。

最新情報をチェックしよう!