環境負荷を低減し、障がい者の活躍を支援する「sangetsu 見本帳リサイクルセンター」を開設

株式会社サンゲツ(本社︓愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員︓安田正介)は3 月16 日(火)、環境負荷低減の取組みとして、当社が発刊した見本帳の回収・解体・分別を行う「sangetsu 見本帳リサイクルセンター」を開設しました。

■設立の背景
当社は壁紙や床材・ファブリック等約12,000 点の内装材を企画・販売しています。そのビジネスモデルの中核となるのが、約30 種類の見本帳であり、各見本帳は、おおよそ2 ~ 3 年のサイクルで改訂しています。
使用後の見本帳に関しては、現状、自社回収できているものが全体の約10% 程度であり、大部分は産業廃棄物として処理されています。
また、見本帳自体が、台紙(紙素材)、サンプルチップ(塩化ビニル樹脂・化学繊維)など、複数の素材で構成されていることから、資源として再生するマテリアルリサイクル(※1) での対応ができず、最終的には、単純埋立処理やサーマル処理に留まってしまうという課題がありました。

※1︓マテリアルリサイクル︓廃棄物を再び同じ製品、または別の製品の材料として再利用するリサイクル手法

■設立の目的
このたび、これらの環境課題に取り組み、より環境への負荷を低減するマテリアルリサイクルを中心とした資源循環を行うことを目的に、本社に隣接する旧配送センター内に「sangetsu 見本帳リサイクルセンター」を開設しました。同センターでは、使用後の見本帳を顧客より回収し、リサイクルを行うための前工程である、見本帳の解体・分別を行います。また、作業スタッフに障がい者を雇用することで、障がい者の活躍支援を行い、ダイバーシティを推進します。

当社は、環境・社会を巡る課題へ取り組み続けることで、サンゲツグループの長期ビジョン【 DESIGN 2030 】に掲げる、「みんなで、いつまでも、楽しさあふれる」社会の実現に貢献していきます。

1. 見本帳のマテリアルリサイクルを促進し、環境負荷を低減
sangetsu 見本帳リサイクルセンターでは、顧客より回収した見本帳を、表紙、台紙、サンプルチップに分解し、素材ごとに分別します。分別された素材は、その後、リサイクル専門業者にて、再生塩ビ、再生パルプ、セメント材料へとマテリアルリサイクル(一部はサーマルリサイクル)されます。2021 年度は本社を構える愛知県を中心に回収を進め、年間5 万冊のリサイクルを予定しています。
2022 年度以降は対象地域を拡大し、リサイクル率の増加を図ると共に、デジタル見本帳の活用を促進し、見本帳発刊総数の削減を進めることで一層の環境負荷低減に取り組みます。

 

 

2. 障がい者の活躍支援、ダイバーシティを推進

同センターにおける見本帳の作業スタッフには、障がい者を雇用することで、障がい者の活躍支援を行います。
当社の2019 年度の障がい者雇用率は3.1%と、民間企業の法定基準2.2%を上回っており、2022 年度には、4.0%を目標に掲げています。障がい者の活躍支援については、雇用率の向上とあわせ、一人ひとりが真に自立し、心身ともに豊かに生活できるよう、支援していきます。

■サンゲツグループ長期ビジョン【 DESIGN 2030 】
https://www.sangetsu.co.jp/images/ir/library/pdf/200526_design2030.pdf

sangetsu 見本帳リサイクルセンターの概要
施 設 名 称︓sangetsu 見本帳リサイクルセンター
住    所︓愛知県名古屋市西区幅下1-4-1
床   面  積︓約50 ㎡
従 業 員 数︓計5 名 ( 管理者︓1 名 / 作業スタッフ︓4 名) ※2021 年3 月16 日時点
業 務 内 容︓株式会社サンゲツが発刊する見本帳の回収および解体作業( 裁断 / 破砕 / 剥離)
業務開始日︓2021 年3月16日

◆株式会社サンゲツについて
住宅から非住宅分野まで、人々の暮らしに利用される壁装材(国内シェアの約50%)、床材、ファブリック(カーテン・椅子生地)を中心に、自社での商品企画・開発、販売を行っています。ブランドステートメント「Joy of Design」を掲げ、新しい空間を創りだす人々にデザインするよろこびを提供しています。

社名:株式会社サンゲツ(Sangetsu Corporation)
代表者名:代表取締役 社長執行役員 安田 正介
売上高(連結):1,612億円(2020年3月期)
本社所在地:愛知県名古屋市西区幅下一丁目4番1号
https://www.sangetsu.co.jp/

最新情報をチェックしよう!