日本初!ハンディキャップのある動物たちのオンライン写真コンテスト開催中!

獣医師が中心となって設立された動物予防医療普及協会が開催しているイベント『パラスポーツフェスタフォーアニマルズ』
病気や怪我によって身体にハンディキャップを持っているペットでも”車いすや装具をつけることにより元気に生活することができる”ということを多くの方に知っていただくために開催されています。
 
2019年より全国各地でイベントが開催され、今年も継続して開催予定でしたが昨今のイベント中止の影響をうけて、8月31日(月)まで、インスタグラムを中心としたオンライン上で、ハンディキャップのある動物たちの写真コンテストを開催しています。

 

『パラスポーツフェスタフォーアニマルズWEBコンペティション』
開催HP:http://animal-yobo.com/anipara-webcompetition/mainpage/

パラリンピックやパラスポーツといった言葉にある『パラ』には『並んで立つ・対等』という意味があります。
パラスポーツフェスタフォーアニマルズは、ACORN獣医神経病クリニック(群馬県伊勢崎市)の奥野 征一獣医師が発起人。
ペットに障がいがあっても『ご家族と元気よく一緒に”並んで”歩ける世界』を多くの方に届けるために動物予防医療普及協会と力を合わせ啓蒙活動を行っています。
現在は地域行政や獣医系大学、獣医師会や20社をこえる様々な企業が活動を支援しています。

獣医療が発達した今日でも、脊髄の障害によって足が麻痺してしまったり、生きるための治療としての足を切断する手術を受け、障がいを持っているペットはたくさんいます。
しかし、多くの犬たちは身体の一部の機能が失われてしまっても、キャラクターや動きたい気持ちは全く変わらずに車いすに乗って駆けまわったり、装具をつけて懸命に歩くその姿は、時に私たち人間に“生きる勇気”を教えてくれます。

『パラスポーツフェスタフォーアニマルズWEBコンペティション』
インスタグラムやツイッターを中心としたオンライン上で、ハンディキャップがあっても元気な姿や車椅子や装具を装着して生活しているペットの写真・動画コンテストを開催しています。
インスタグラム開催URL: https://www.instagram.com/para_animals/

  • 開催期間:2020年8月12日(水)~31日(月)
  • 参加方法:SNSで「#アニパラ @para_animals」 をつけて写真や動画投稿するだけで参加OK
  • 入賞者景品:協賛企業から様々な景品をプレゼント​

ペットに障がいがあっても『ご家族と元気よく一緒に”並んで”歩ける世界』を多くの方に届けるために、力を合わせて応援していきましょう!

一般社団法人 動物予防医療普及協会
『飼い主さまが知ることで行動することで防ぐことができるペットの病気や怪我があります』というメッセージをさまざまな方と力を合わせ情報発信を行っている、獣医師が中心となって設立された協会です
HP:http://animal-yobo.com/
お問い合わせ先メールアドレス:animal.yobo@gmail.com
代表理事 獣医師 石田 哲太郎/理事 獣医師 安 亮磨

最新情報をチェックしよう!