就労支援フォーラムNIPPON特別企画 施設外就労「M.I.Eモデル」フォーラム 開催レポート

美容室向けヘア化粧品で日本最大手の株式会社ミルボン(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:佐藤龍二、以下ミルボン)は、施設外就労「M.I.Eモデル(Mie Inclusive Employment project)」フォーラムにて、本フォーラムの主催者 社会福祉法人維雅幸育会と連携して行ってきた活動についての講演や、現場視察としてミルボン ゆめが丘工場の見学の場を設けました。

2月16日(日) 、2月17日(月)の2日間にわたり開催された本フォーラムには、全国の障がい者就労支援事業所、企業や障がいのある方・ご家族の方など約400名が来場されました。

1日目:フォーラムの様子

2日目:工場視察の様子

 

三重県の伊賀地域では、施設外就労のスキームを活用し、企業と就労支援事業所が連携しながら、障がいのある方が企業の中で活躍する「インクルーシブな就労」が広がっています。 1日目は、1年間にわたりこの取り組みを検証してきた専門家の発表や、施設外就労に取り組む効果やメリット、必要なノウハウなどを含めた三重県内の施設外就労の実践報告、三重県知事も交えたパネルディスカッションなどが行われました。

また、 2日目は実際の現場視察として、ミルボン ゆめが丘工場の見学会を実施したところ、定員数の40名以上の応募があったため、増枠し、50名の方にご参加いただきました。
 

  • 1日目:「M.I.Eモデル」フォーラム 講演/ミルボン代表取締役社長 佐藤龍二氏 登壇

企業における障がいのある人の就労について、「つぶれない会社を創る」ための「人づくり」~SDGsの視点から~をテーマに、創業者の想いや、ミルボンの指針書「ミルボンウェイ」の話を交えながら、組織の成長における人材育成の重要性について講演いたしました。

「健常者の方も含め、全ての人に強み・弱みがある。障がい者の方もハンデがある前提ではなく、その方の強みや弱みを理解し、その人が一番活躍できる場所をみつけ、いかに人材を大切にしていくか、より生かしていくかが大切である。雇用を生み出し、持続可能な社会、社会との信頼を構築していきたい。SDGsにおける一人も取り残さない社会の実現に向け、その一助となるよう努めてまいりたいと思っています。」と、これまでの活動経験を基に語りました。
 

  • 2日目:ミルボン ゆめが丘工場 現場視察

実際の施設外就労に現場視察としてミルボン ゆめが丘工場の見学や、施設外就労の概要説明、意見交換会等を実施いたしました。

当日は、「企業と福祉施設の関係の作り方について」、「ミルボンがびいはいぶ(就労継続支援事業社)に発注するメリットは何か」、「施設外就労に参加するための準備はどのように実施するのか」、「施設外就労の売り上げの推移と、工賃の推移について」、「発注するときの単価の算定方法、考え方」など実践に向けた具体的な質問を多く受け、参加者の関心度の高さが伺えました。
 

  • 障がいのある人の受け入れを始めた経緯と成果

【経緯】
平成17年、障害のある方の就労支援を推進するための障害者自立支援法の成立を受け、本フォーラムの主催者 社会福祉法人維雅幸育会の奥西氏よりミルボンの生産工場で施設外就労活動の受け入れが出来ないかと打診されました。ミルボンではその頃、手作業の工程が多い製品の生産量が増加していたこともあり、その包装梱包業務を請負委託し、障害のある方の受け入れを開始いたしました。以降、現在に至るまでの15年間途切れず継続しております。

【成果】
ミルボンでは、過去にも障がい者を雇用したが、うまくいかなかった経験がありました。
しかし、就労継続支援事業社の維雅幸育会と連携することで、受け入れがスムーズになりました。
社員と同じエリアで作業訓練をしてもらうことで個々の特長が良く分かり、施設外就労活動で訓練を終えた人は順次直接雇用に切り替えていく流れができました。これにより、ミルボンは安定的に法定雇用率をクリアできるようになっています。※2019年7月現在の直接雇用者は9名。
製造ラインの作業は単調である一方、集中力を求められることが多く、その様な作業においては、健常者よりも障がい者の方が、集中力を発揮したり、細かい単調な作業を丁寧に継続することができるなど、ミルボンの製造ラインにおいて、貴重な戦力となり活動いただいております。

また、障がい者の作業習熟度について点数をつけ、その平均点で習熟度合を表現するなど、技能の内容をわかりやすくすることで、作業時の配置をしやすくしたり、障がい者のモチベーションにもつながる工夫もしています。働き方を工夫し、活動の場が増えることで工賃も上がり、ミルボンでの施設外就労は、10年で倍以上の報酬増につながっています。

【変化】
障がいのある方が真面目に仕事をし、笑顔で挨拶をしてくれる礼儀正しい姿を目の当たりにし、障がい者に対する抵抗がなくなり、社内全体が優しくなった。と、職場全体に良い影響を与えてることもわかりました。
 

  • 会社概要

ミルボンは、ヘアデザイナーを通じて、美しい生き方を応援する事業を展開しています。業務用ヘア化粧品の専業メーカーとして1960年に出発し、パーマ剤、ヘアカラー剤の分野へと拡大してまいりました。1996年6月、業界で初めて株式を店頭公開し、1999年には業務用ヘア化粧品の総合メーカーとして国内トップの地位を確立し、現在に至っています。2017年には株式会社コーセーと資本業務提携し、美容室専売のスキンケア事業へ進出。世界の国・地域の美容に貢献するべく、グローバル化をさらに推進してまいります。

最新情報をチェックしよう!