福祉インターンシップの選抜生徒が決定しました! セティア マネジメント株式会社

先日、インドネシア共和国 インファダ外国語大学の学生たちにインターンシップ説明会を実施し、その後2回の厳正なる面接を経て、この度インターンシップ候補生2名が決まりました。

今回選抜された2名の学生は、愛知県名古屋市の福祉施設 株式会社クリードケア(代表:杉中 智美)で90日間の実習を行う予定です。

また、当プログラム終了後には、特定技能介護人材としての受入れを想定しており、今回の実習を通じて介護・福祉の現場を実体験することを目的としております。実習期間の終了月には、特定技能介護の実技試験を受験するカリキュラムを組んでおり、インターンシップ終了後の日本での就職を見据えた画期的なプログラムとなっております。

◼インターンシップカリキュラム◼
・福祉施設での介護基礎訓練
・特定技能試験対策及び受験
・日本文化体験会の実施
・社会福祉協議会への表敬訪問(予定)
・企業CSR活動への参加 (e-sportsイベントへの参加交流)

【インターンシップ候補生のご紹介】

●Siti Maria (シティ マリア) 22歳
インファダ外国語大学日本語専攻 4年生 (日本語能力試験N3)
私は2019年に初めて特定技能試験の事を知り、それから日本の介護分野で働くための準備を開始しました。インドネシアとは異なり、日本では少子高齢化が進んでいると耳にします。このことは私にとって日本で介護士として働くチャンスだと思っています。今回のインターンシップを通じて、介護の体験とスキルも沢山勉強したいと考えています。また、介護スキルだけでなく、日本語力も向上させてN2を取得したいと思います。

●Eka Triwahyudin (エカ・トリワーユディン) 23歳
インファダ外国語大学日本語専 4年生 (日本語能力試験N3)
私は大学で日本語だけでなく、日本の歴史や文化についても勉強をしています。小さい頃から日本のアニメや漫画に囲まれて育ったこともあり、日本は私にとって憧れの場所です。これまで自分なりに本や映画、ニュースや新聞などから日本のことを色々調べてきました。今回はインターンシップ生として、日本に行き自分自身で日本を体験できることが本当に楽しみです。
福祉の仕事の経験はありませんが、このインターンシップに参加することで実際の仕事現場を体験し、将来への足掛かりにしたいと考えています。

【インファダ外国語大学のご紹介】
2005年設立、チルボン市、日本語学科 ・英文学科 生徒数:280名
日本を始め、アメリカ、ヨーロッパ、シンガポール、タイ、韓国、オーストラリアにインターンシップや交換留学の提携を持ち、学生を世界に活躍させるという目的を掲げています。

【インファダ外国語大学 マフド学長からのメッセージ】
インドネシア政府は2020年に「Merdeka Belajar・Kampus Merdeka」という政策を掲げ、自由闊達なキャンパスでの自由な学びを推奨しており、当校でもその考えを支持しております。
昨年発生したcovid-19の世界的流行は、学生たちの学びにも大きな影響を与えました。それまでは当たり前だったキャンパスでの集合授業やクラスメートとのリアルな場での議論の機会が減ったのです。当校では外国語を学ぶことで世界でも通用する学生を育成することに力を入れています。言語習得はその言葉を使うことで磨かれていくものであり、リアルの場での学習機会が少なくなった今だからこそ、インターンシップを通じて日本語を学ぶことができるのは非常に貴重な機会であると思います。今回インターンシップに参加する二人が、このプログラムを通じて日本の介護・福祉の仕事に対する理解を深めたくさんの学びを持ち帰ってくれることを期待しています。

【インターンシッププログラム提携機関について】
一般社団法人 日本インターンシップ支援協会(本部:東京都中央区日本橋、代表:塚越 一嘉)は、日本のインターンシップのパイオニアとしてこれまで全国に約1000名の学生を企業へお繋ぎしてきた実績のある団体です(人数は設立前の準備段階も含む)。企業が、海外学生を受入れるためには「実習カリキュラム」が必要となり、そのサポートや外国人を受入れるために企業として必要な知識の講習などの啓発活動を行っています。
会社名:一般社団法人 日本インターンシップ支援協会(https://japan-internship.jp/

【セティア マネジメントについて】
弊社では『人材は紹介ではなく、育成する時代』をモットーに、日本全国の福祉施設様へ優秀な人材をお繋ぎしております。

外国人採用は今後さらにニーズが高まる見込みですが、初めて外国人材を採用することに不安を感じている企業は少なくありません。こうした企業の皆さまに対して、インターンシップ制度は企業側の外国人材に対する理解を深める大変良い機会になります。実習期間は、企業側のご要望に応じて3カ月~1年未満までの対応が可能となっております。外国人採用をお考え始めの企業様は、まずはインターンシップで受入れを私達と始めてみませんか?

会社名:セティア マネジメント株式会社 (英文表記 : SETIA Management Co., Ltd)
代表:矢部 将勝
本社所在地:〒460-0005 愛知県名古屋市中区東桜2丁目21-11 東桜エステートビル4F
電話番号:052-982-6622
E-mail : indonesia@setia-mgmt.co.jp URL: https://setia-mgmt.co.jp/

事業内容:
・職業安定法に基づく有料職業紹介事業
・出入国管理及び難民認定法に基づく適合一号特定技能外国人支援計画の実施業務
・留学サポート及び外国人サポート業務
・通訳及び翻訳業務

お問い合わせはこちら:https://setia-mgmt.co.jp/inquiry/
広報担当 (ドゥイキ・川口)

最新情報をチェックしよう!