「うっかりミスが多い」「片づけられない」「落ち着きがない」などの特徴を持つADHDの女性が生活トラブルを解決し幸せに生きるための本。

●女性で「不注意でミスが多い」「忘れ物や遅刻が多い」「思いつきで行動して失敗する」などで困っている人は、ADHD(注意欠如・多動症)かもしれません。
●ADHDの女性は、学校や職場や家庭などでの日常生活でトラブルを抱えることが多く、
恋愛、結婚、出産、育児などの人生のステージでつまずくことも少なくありません。
●トラブルを解消し、自信を持って幸せに生きる心がけを、専門医が具体的にアドバイス。

株式会社主婦の友社は、2020年2月29日に『こころのクスリBOOKS よくわかる女性のADHD 注意欠如・多動症』(著 司馬理英子)https://www.amazon.co.jp/dp/4074374587?tag=shuf-22を発売いたします。 日常生活に困ることが多いADHDの女性のために、トラブルを解消するアイディアと、幸せに生きるための指針を紹介します。

  • ADHDの女性にありがちなこと

ADHDは発達障害のひとつで「不注意」「多動性」「衝動性」という3つの特徴があります。「同じことを何度も注意される」「ミスを繰り返してしまう」「ギリギリになってからいつもあわてる」などで困っている人が多いのですが、女性の場合は特に「だらしない」「どうしてきちんとできないの」などと言われ、自信を失っていることが少なくありません。

  • ADHDの女性の毎日を楽にするために

学校や職場や家庭などには、毎日の生活の中でこなしていかなければいけない、さまざまな作業があります。こうした作業が苦手なADHDの女性のために「ミスを減らすための5つのチェックポイント」「仕事と家事をスムーズに回す25のコツ」「ゆとりあるスケジュールの考え方」「忘れない&思い出す仕組みの作り方」など、親切&丁寧なアドバイス。

 

  • ADHDの女性が幸せに生きるために

ADHDの女性の場合、恋愛、結婚、出産、育児などの人生のステージでつまずいたり、ときには「うつ」に陥ったりすることもあります。そうしたことを防ぎ、自信を持って生きるためのアドバイスも充実。「親しい人たちとの平和で心地よい関係を築くために」「人間関係のトラブルを防ぐ会話術」「自分自身とうまくつきあっていくために」など、ADHDの女性のサポートを長年続けてきた著者ならではの、暖かいメッセージが詰まっています。

【コンテンツ紹介】
PART0 ADHDの女性がよく言うセリフ、よく言われるセリフ
PART1 大人のADHDと発達障害
PART2 ADHDの女性が幸せになるために
PART3 ものと時間を片づけるライフスキル
PART4 周りの人とうまくやっていくために
PART5 ADHDの治療
 

  • 著者 司馬理英子プロフィール

 司馬クリニック院長。精神科医。医学博士。岡山大学医学部、同大学院卒業。1983年渡米し、アメリカで4人の子どもを育てるかたわら、ADHDについて研鑽を積む。97年『のび太・ジャイアン症候群』(主婦の友社)を刊行。同年帰国し、発達障害専門のクリニックである「司馬クリニック」を開院。子どもと、大人の女性の治療を行っている。『こころのクスリBOOKS よくわかる女性のアスペルガー症候群』『マンガでわかる もしかしてアスペルガー!? ~大人の発達障害と向き合う~』『新版 ADHD のび太・ジャイアン症候群1~3』「(以上、主婦の友社)など著書多数。
 

  • 書誌情報

タイトル:こころのクスリBOOKS よくわかる女性のADHD 注意欠如・多動症
著:司馬理英子
カバーイラスト:あさいとおる
本文イラスト:福井典子
サイズ・ページ数:B20判/128ページ
定価/本体1480円+税
発売日:2020年2月29日
https://www.amazon.co.jp/dp/4074374587?tag=shuf-22

最新情報をチェックしよう!