発達障害に特化した「自分らしい生き方・働き方」を 探究できるサイト「凸凹じぶんなび とことこ」本日公開!

株式会社みのりの森(本社:京都府京都市中京区、代表取締役:朝倉 美保、以下 (株)みのりの森)は、発達障害の方が「自分らしい生き方、働き方」を探究できるサイト「凸凹じぶんなび とことこ」を、2020年6月25日から公開いたします。

▼「凸凹じぶんなび とことこ」URL

https://www.decoboco.work/

凸凹じぶんなび とことこ

■「凸凹じぶんなび とことこ」開発の背景

(株)みのりの森は、発達障害の支援を中心に事業を展開しています。年3回(4、8、12月)発行している「発達障がい専門誌きらり。」の雑誌制作・出版・販売や、発達障害の子どもを中心とした学習支援(家庭教師、個別指導塾)、カウンセリング、講習会など、発達障害で困ったり悩んだりしている方への支援を行っています。

雑誌読者や講演会参加者の声の中で、私たちは「大人の発達障害」の方にはまだまだ支援の手が届いていないことに気づきました。18歳以上の発達障害やグレーゾンの方に対し「就労」を中心に、無料で寄り添った支援がしたいと思い、このサイト制作を始めました。

制作費は、クラウドファンディングREADYFOR( https://readyfor.jp/projects/kirari01 )を使用して集めました。多くの方に手軽に利用してもらえるように、会員登録なしで無料で利用していただけるようにしています。(一部を除く)

このサイトで、自分の凸凹を生かしながら「自分らしい生き方」や「多様な生き方」を発見してもらえればと考えています。進学や就職で悩んでいる方は、ぜひ一度ご利用ください。

こんな方におすすめ

■「凸凹じぶんなび とことこ」の特徴

(1)特性に合った職業をチェックすることができます。(無料)

特性に関する質問81問、嗜好に関する質問34問に「◯、△、×」でチェックしていくと、あなたに向いている職業が10個わかります。

(2)発達障害や二次障害の知識を知ることができます。(無料)

(3)とことこ主催の発達障害や就労スキルの講習会の情報を知ることができます。(有料)

(4)専門家に相談したい時に、つながることができます。(有料)

・制作者 朝倉 美保(発達障がい専門誌きらり。編集長、(株)みのりの森 代表取締役)

・医療監修 早島 禎幸(はやしま小児科 院長)

・就労関係の監修 畠中 直美(キャリアカウンセラー、一般社団法人チャレンジドLIFE 代表)

発達凸凹特性と職業マッチングテスト

■編集長 朝倉 美保からのメッセージ

私は24歳の時にうつ病になり、34歳の時に発達障害と診断されました。現在も、二次障害の双極性障害の治療をしながら過ごしています。「自分の事がわかる」と「じゃあ、苦手はどう工夫しよう?」と考えることができます。自己発見、理解をするための1つのツールとして、このサイトを利用してみてください。

■会社概要

商号  : 株式会社みのりの森

所在地 : 〒604-8485 京都府京都市中京区西ノ京平町29番地

代表者 : 代表取締役 朝倉 美保

設立  : 2017年2月

事業内容: 発達障がい専門誌きらり。の制作・出版、カウンセリング事業 等

資本金 : 100万円

URL   : https://www.minorinomori.co.jp/

最新情報をチェックしよう!