カクテルメイク、NPO法人N3へのサービス提供を通じて障がいをもつ方への支援を開始。ホンダカーズ大阪東の動画広告運用をバックアップ

動画生成スマートエンジン「RICHKA」を運営するカクテルメイク株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:松尾幸治)は、NPO法人N3(所在地:大阪市東住吉区/代表:足立健史)への同パッケージ提供を通じて、障がいをもつ方の売上創出や就労への支援を開始したことをお知らせいたします。

  • RICHKA導入の背景

 

N3はこれまで在版の自動車販売会社などの広告運用で実績を積み重ねてこられていたましたが、クライアントの
動画広告へのニーズ拡大に対して動画制作の体制構築の必要性の高まりを感じられていました。

動画制作のための求人も検討されていたとのことでしたが、RICHKA導入による制作運用体制の整備による方が、品質、コストの面でメリットが大きいとご判断いただき今回の導入につながりました。

特にオリジナルテンプレートによる動画制作に期待を寄せていただいています。

 

  • 取り組みの内容

NPO法人N3は、2008年に精神科ソーシャルワーカーが中心になって設立した福祉系NPO。N3のNはノーマライゼーションのN。3は身体、知的、精神の3障がい。 設立当初よりデジタル広告を事業の中核とし、障がいをもつ方の就労支援として、フリーランスなど多様な働き方を支援してきました。そのN3に対し、Honda正規ディーラーである株式会社ホンダカーズ大阪東は、CSR活動(障がいをもつ方への支援)の一環として広告制作の発注などの支援活動を行っています。

今回の取り組みは、N3がホンダカーズ大阪東へ提供する動画広告制作と運用において、カクテルメイクの動画生成スマートエンジン「RICHKA」を導入するというもの。N3が目指すノーマライゼーション社会の実現に共感したカクテルメイクは、RICHKAの提供を通じ、障がいをもつ方の売上創出や就労支援に貢献することを目指しています。N3で働く方々が、より手軽に高品質な動画クリエイティブをホンダカーズ大阪東へご提供できるような環境づくりに尽力して参ります。

  • 実際のサンプル動画

RICHKAを通じて作成できる動画のサンプルをご紹介します。
 

 

カクテルメイクは今後もリッチコンテンツカンパニーとして、動画を軸とした「情報のDX」を支援してまいります。

最新情報をチェックしよう!