〈セミナー実施報告〉ペット共生型障がい者グループホームの理論と実践を学ぶ「わおん大学」開講!

保護犬・猫と暮らす障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」を展開する株式会社アニスピホールディングス(東京都千代田区、代表取締役:藤田英明、以下「当社」)は、2020年7月21日(火)~25日(土)、ペット共生型障がい者グループホームの理論と実践を学ぶ5日間集中講義「わおん大学」を開講しました。
 
わおん大学とは、株式会社アニスピホールディングスが独自に運営する、障がい者グループホームの経営と運営に必要な情報を5日間にわたり勉強するセミナーです。障害者総合支援法の解説や営業時のロールプレイングなど、多岐にわたる内容について、実際に参画企業のサポートをするスーパーバイザーチームのスタッフが中心となり講義および模擬実践をしました。
 

 今回は既にわおん事業に参画している企業に、会場とオンライン(Zoom)で合計58名の方に参加いただきました。最終日には卒業試験を実施、さらに5日目修了後には修了証書が授与され、体系的な集中講義を締めくくることができました。参加者からいただいたご意見の中から特にありがたいお言葉を紹介します。

・「疑問に思っていた点を質問することができて、今までボヤっと立ちこめていた霧が晴れたようだった。目標や方針をかなり先まで見通せるようになった」
・「集中的に濃縮した講義を通して、だいぶ知識が増えてきた。貴重な時間を買うことができているという実感があり、改めてわおん事業に参画して良かったと思った」

 わおん・にゃおん事業参画後も多くの方が抱く疑問や不安を解決し、質の高いサービスの継続的な提供をサポートするのがわおん大学の目的です。その名の通り、福祉に関する幅広い基礎知識を基盤としながら、グループホーム運営に関する専門的な知識・技術も会得できる実践的な学びの場にするため、次回以降の開講に向けて、当社一丸となり講義内容の改善に努めていきます。

講義スケジュール
<1日目:7月21日>
1.グループホーム・アニスピ(わおん)とは
2.行政との折衝の重要性について
3.障害者総合支援法解説指導 など

 <2日目:7月22日>
1.収支構造
2.家賃・食費・水光熱費設定指導
3.近隣住民への説明方法指導・ロープレ など

 <3日目:7月23日>
1.就業規則
2.損害保険
3.各種販促物 など

 <4日目:7月24日>
1.しょーあっぷ(クラウド型障がい者グループホーム運営・請求管理システム)使用方法指導・ロープレ
2.給付請求方法指導 など

 <5日目:7月25日>
1.入居営業方法指導・ロープレ
2.入居営業計画作成方法指導・ロープレ
3.入居行政手続き方法指導・ロープレ など

◾️2020年7月度わおん大学概要
日時:2020年7月21日(火)~25日(土) 各日9時30分~17時30分 ※単日の参加も可能
会場:東京都千代田区神田三崎町2-7-10 帝都三崎町ビル2階、5階 コンフォート水道橋およびオンライン(Zoom)

 【次回日程】
日時:2020年8月25日(火)~29日(土) 各日9時30分~17時30分 ※単日の参加も可能
会場:未定

 「わおん」「にゃおん」事業は、2020年7月1日現在、開設数が164法人268拠点を突破しました。当社では、参画企業様の成功持続のため、今後も様々な支援を実施してまいります。

 日本初!(※)ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」
 ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決・貢献を目的とした事業を展開する日本初(※)のビジネスです。 「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫を引き取り、入居者と共に暮らします。動物とのふれあいを通じて、心が癒されたり、コミュニケーションを促進するアニマルセラピー効果が期待できると共に、殺処分される犬・猫の命を救います。 ※自社調べ

〈株式会社アニスピホールディングスについて〉
株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、障がい者グループホーム「わおん」事業、100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業、その他ペット用品の企画・開発・販売事業を展開しています。「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決に全社一丸となって取り組んでいます。

最新情報をチェックしよう!