東京都では、ヘルプマークを多言語で紹介するチラシとホームページを制作しました!その他、中日新聞、日本てんかん協会(波の会)の取り組みをご紹介

東京都は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々を対象に配布しているヘルプマークの普及推進活動を行っています。
これまで、ヘルプマーク特設サイトやヘルプマーク作成・活用ガイドライン等を通じて、広く都民の皆様や民間企業への普及を図り、また、他自治体にも活用を働きかけるなど、広域的な普及にも取り組んできました。
最新の取組情報はヘルプマークホームページの最新ニュースをご覧下さい。
~東京都の取り組紹介~
■ヘルプマークの多言語チラシ(英語、中国語、韓国語)とホームページを制作
東京都は、より多くの方にヘルプマークへの理解を深めていただくため、新たに多言語版のチラシ(英語、中国語、韓国語)とホームページを制作しました。
配慮を必要とする方への心遣いや助け合いの行動がさらに広まるよう、ヘルプマークの概要やヘルプマークを身につけた方を見かけたときの対応について、「英語」「中国語」「韓国語」で具体的に分かりやすく説明しています。
チラシはヘルプマークホームページから自由にダウンロードできますので、ぜひご活用ください。
助け合いのしるし ヘルプマーク | ツールダウンロード
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/download.html
ホームページはこちらからご覧ください。
(英語)Do you know about the Help Mark?
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/multilingual/en.html
(中国語)你知道“求助标记”吗?
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/multilingual/cn.html
(韓国語)헬프마크를 아십니까?
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/multilingual/kr.html

ヘルプマークの多言語チラシヘルプマークの多言語チラシ

~様々な企業・団体の取組紹介~
■(公社)日本てんかん協会(波の会) タグ型ヘルプマークを付録したオリジナルおくすり手帳を全国配布

てんかんは、全国に約100万人の患者さんがいる脳の慢性疾患です。身体がピクンとするものから倒れてしまうものまで、さまざまな発作症状があります。症状は十数秒から数分で治まりますが、いつ現れるかは分かりません。救急車を呼ぶ必要などはめったにありませんが、街中で現れてしまった際には周りの人に心配をかけてしまうことが多くあります。
日本てんかん協会(波の会)では、てんかんのある人も治療の主体として、自分の飲むくすりや発作症状のようすなどを記録するためのおくすり手帳を作成し、全国の当事者・家族に配布しました。今回は、このおくすり手帳にタグ型のヘルプマークを付録しました。カバンなど、周囲から目に付きやすいところに付けるようにしています。このタグの裏面には、「慢性疾患があること」、「すぐに救急車は呼ばずに様子を見て欲しいこと」、「おくすり手帳の中に症状の説明と主治医の連絡先が記されていること」、などを記載しています。
もし街中で、このタグ型のヘルプマークを付けた人が困っていたら、皆さんも声がけと様子の観察・記録をお願いします。

オリジナルおくすり手帳の表紙とヘルプマークを紹介したページオリジナルおくすり手帳の表紙とヘルプマークを紹介したページ

タグ型ヘルプマークタグ型ヘルプマーク

■中日新聞 小中学生向け新聞紙面でヘルプマークを特集
中日新聞では、小中学生向けの新聞「中日こどもウイークリー」を発行しています。話題になっている問題や出来事をイラストや写真とともにまとめた「まるごと大図解」のページで、2020年10月、ヘルプマークを特集しました。マークの目的や歴史、課題などについて、子ども向けに分かりやすく伝えています。掲載紙をご覧になりたい場合は、中日新聞東京本社販売管理部=03(6910)2469へお問い合わせください。

 

「中日こどもウイークリー」紙面「中日こどもウイークリー」紙面

<普及活動へのご協力のお願い>
東京都は民間企業の皆様に、ヘルプマーク啓発活動へのご協力をお願いしています。店舗や自社ビル等でのポスター掲示、PR動画配信、広報媒体への掲載、社内研修での紹介など、CSR活動の一環としても是非ご協力ください。詳しくは下記ホームページをご覧ください。民間企業の活動事例をご紹介しています。

<ヘルプマークの概要>

  • 主旨:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう作成したマークです。多様な主体による活用を図り、援助が必要な方が日常的に様々な援助が受けられる社会づくりを推進します。
  • 対象者:義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方。
  • ヘルプマークをつけている方を見かけたら、優先席で席を譲ったり、困った様子の時は声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。
  • ヘルプマークホームページ(東京都福祉保健局)
    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html
  • ヘルプマークホームページ(特設サイト)
    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/helpmarkforcompany/

<ヘルプカードの概要>

  • 主旨:障害のある方などが災害時や日常生活の中で困ったときに、周囲に自己の障害への理解や支援を求めるために活用していただくことを目的として作成したカードです。緊急連絡先やかかりつけ医療機関、本人の特徴、支援についてのお願いなどの記入欄が設けられています。
  • ヘルプカードは、聴覚障害者や内部障害者、知的障害者など、一見、障害者とはわからない方が周囲に支援を求める際に有効です。これらのカードや手帳などを提示された際には、その記載内容に沿って支援をお願いします。
  • ヘルプカードホームページ(東京都福祉保健局)
    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/card.html
最新情報をチェックしよう!