車いすユーザーのための、医療×旅行雑誌『ベィmagazine』。最新号は岐阜県・白川村にあるトヨタ白川郷自然學校が舞台です。デジタル版で、その魅力をご紹介します。

株式会社Beiが発刊(代表取締役 吉田直紀、茨城県)が発刊、合同会社未来イメージ(代表社員 加藤朋子、神奈川県横浜市)が編集長を務める、医療×旅行雑誌『ベィmagazine』。「車いすの人に旅行のエンタメを!」をテーマに、理学療法士視点を取り入れた雑誌制作を行っています。そんな『ベィmagazine』の最新号がデジタル版でご覧いただけるようになりました。舞台は岐阜県・白川村にあるトヨタ白川郷自然學校。五感を研ぎ澄まし、車いすで非日常を楽しむ。そんな旅の想い出づくりにご案内します。

株式会社Beiが発刊(代表取締役 吉田直紀、茨城県)が発刊、合同会社未来イメージ(代表社員 加藤朋子、神奈川県横浜市)が編集長を務める、医療×旅行雑誌『ベィmagazine』。「車いすの人に旅行のエンタメを!」をテーマに、理学療法士視点を取り入れた雑誌制作を行っています。そんな『ベィmagazine』の最新号は、岐阜県・白川村に佇むトヨタ白川郷自然學校が舞台です。雄大な自然に囲まれたトヨタ白川郷自然學校を、車いすで体験しました。

医療×旅行雑誌『ベィmagazine』をつくり始めたキッカケは、メンバーのひとりが、病院でリハビリを続けてきた患者さんに「退院してもこの体じゃどこにも行けないからね。楽しくないよ。車いすでどこか行けるとこあるの?簡単に行けるの?生きてても楽しくないよ」という言葉をかけられたこと。

「退院してもやることないし・・・」という状況をなんとかしたい。もっと病院の患者さんと外のエンタメをつなぐ情報が必要だと実感し、雑誌制作をスタートしました。資金ゼロ・広告費ゼロ・スポンサーゼロからの挑戦。「車いすの人にエンタメを」というプロジェクトのもと集まった、思いを持った理学療法士の仲間が編集を手掛けています。

私たちが行うのは、車いすユーザーに情報を届けること。届けたいのはリアルな声や想い、体験を通じて感じたことです。情報を届けることで、車いすユーザーが自由に旅行できる環境を。2020年、世界は新型コロナウイルスの脅威に直面し、外出自粛やこれまでにない生活様式を経験しました。一方で、GO TOトラベルなど政府の施策も行われています。そんな中、車いすユーザーに対しても必要な情報を届け、ともに未来をつくり豊かな社会になることを目指し、雑誌制作の活動をしています。

『ベィmagazine』ストーリーはこちら
https://prtimes.jp/story/detail/YxRVyEC9DxA

一歩ずつ小さな活動ではありますが、私たちの活動を報道の力でより多くの人にお届けいただけますと幸いです。取材のご検討、何卒よろしくお願いいたします。

■ベィmagazine
https://bei-magazine.com/

最新情報をチェックしよう!